ライフプランニングを相模原市安彦人生設計事務所のFPがご提案

全ての手続きをオンラインで可能!24時間対応可能!あなたのライフプランニングを相模原市の安彦人生設計事務所FPがご提案いたします。

ブログ


2018年09月29日

台風24号が接近―今すぐに備えを

大型で非常に強い台風24号は、30日から1日にかけて日本列島を縦断する進路となりました。

今回の台風は大型になっており、中心から離れた場所でも強風や大雨の被害が予想されています。

台風21号が西日本に甚大な被害をもたらしたのは記憶に新しく、同じような事態になった場合に個人として、いまからどのような備えができるでしょうか。

少しまとめてみましたので、参考にしていただけたらと思います。

 

◆ベランダの排水口、家の周りの側溝や排水溝を掃除する。

枯葉やゴミなどを取り除きましょう。

水はけが悪いと、豪雨時に予期せぬ場所から浸水被害を招くことがあります。

 

◆光源(懐中電灯など)を確保しておく。

停電した時間帯によっては復旧に時間を要する可能性もあり、夜以降も電気が使えない場合があります。

停電による不便を少しでも解消するために、まずは懐中電灯などの光源を確保しましょう。

また、電池などの予備があるかも確認しておきましょう。

 

◆食料の確保。

暴風時は基本は外出できません。

また、停電した場合コンビニやスーパーなども営業できない可能性があります。

さらに交通インフラに大きな障害が出た場合、物流の正常化まで膨大な時間を要するため食材の確保が難しくなります。

万が一のために保存が効く食料(インスタントやレトルト、缶詰など)を確保しておきましょう。

 

◆自動車の燃料確保。

日常生活において自動車を使用なさる場合、十分な燃料が入っているか確認しましょう。

ガソリンスタンドで給油制限が行われたり、ガソリンスタンドが営業停止する可能性もあります。

また、一部の車種では給電機能も備えているため、燃料を確保しておくなら停電対策としても有効になります。

 

◆スマートフォンの予備バッテリーを用意する。

スマートフォンは通信・連絡手段の命綱です。

充電ができなくなったときのために、予備バッテリーを持っておくことで、使用できる時間を延長することができます。

 

◆浴槽やバケツなどに水をためておく。

ライフラインが止まった場合、電気やガスは蓄えておけませんが、水はためておけます。

断水に備えて、浴槽やバケツなどに水をためておきましょう。

 

 

沖縄ではすでに停電が発生しているようです。

万全の体制を整えて、被害を最小限にできるようにしましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
あなたの家計に、安心と安定をプラスする。
安彦人生設計事務所
URL:http://www.abiko-lpo.com/
住所:神奈川県相模原市中央区田名1851-15
メール:abiko.lpo@gmail.com
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





有資格者紹介

2528943あびこゆきとし - コピー2

資格者名:安彦 志俊
AFP認定者(ライセンス№51173468)
二級ファイナンシャルプランニング技能士

株式・投信・REIT・貴金属・債券など
多岐にわたる投資経験を持つ

Service
Service

所在地

住所:〒152-0002
東京都目黒区目黒本町2-25-16 グランドゥール目黒本町A102
メール:abiko.lpo@gmail.com
LINE公式アカウント:友だち追加


コラム


ページの上部へ